東京 焼肉、生食メニューもおすすめな理由

東京 焼肉といっても、焼いて食べるだけが楽しみではありません。肉を焼くと脂肪分が落ちるので、カロリーが気になる人には良いのですが、肉の本当の美味しさを味わいたいなら生で食べることも考えましょう。肉は加熱すると含まれるタンパク質が変質するので、固くなるだけでなくアミノ酸が失われてしまいます。そのため栄養面からいえば、できるだけ生の状態で食べる方がおすすめです。

牛肉を生で食べて大丈夫かと心配する人も多いでしょう。しかし、牛肉の中には寄生虫や細菌は存在しないため、生で食べても問題ありません。とはいえ、加工や調理の過程で表面に菌が付着してしまうことがあるため、生食用の牛肉には厳しい衛生基準が設けられています。

厚生労働省の基準では、生食用の牛肉は腸内細菌が陰性であること、衛生的な専用の設備と器具を使って加工と料理を行うこと、肉の深さ1cm以上のところが60度以上になるようにし、2分以上加熱することなどの条件が課されています。しかも加工や調理は、安全についての知識を持った人が行うことが必要です。よって、東京 焼肉店で牛肉の刺身やユッケ、カルパッチョなどの生食メニューを選ぶなら、基準を満たしている店を選ぶと安心して肉の生食を楽しむことができます。